ウォーターサーバーで使う天然水はどこが美味しいのか?

ウォーターサーバーによって提供する水って違うことを知っていましたか?

例えば天然水でも、富士から汲んできた水を使っているところもあれば、吸収の阿蘇から汲んできた水を販売しているところもあります。

ではどこのウォーターサーバーの水が最も美味しいのでしょうか?

天然水の味の善し悪しは人によって異なる

基本的に日本のメーカーが提供しているウォーターサーバーの天然水はどこもそこまで大きな違いはありません。

特に水の硬さを表す「硬度」については、日本人の口に合うように軟水にしてあります。

実は天然水の多くは汲み上げられてすぐのものはミネラルが多く含まれている反面、それによって水が硬くなっているので、飲んでも鉄の味がすることも珍しくありません。

また、天然水の中には人体に入れると危険な成分も多少は含まれているので、どこのメーカーもきちんと飲めるレベルにまで浄化したりしているのです。

そのため、よほど水にうるさい人でない限り、どこの天然水を選んでも大した違いはないのです。

美味しい水=天然水ではない

実はメーカーによっては天然水を提供していないところもあります。

その最たる例が「アクアクララ」でここは、RO水を販売しています。

RO水とは、地下水を極限までキレイにした水のことで安全面だけみれば天然水より高いと言われています。

また、採水地まで行って汲んでくる必要がないため、天然水に比べて安いというのも特徴の1つです。

「美味しい水」を飲みたいのであれば、人によってはちょっと物足りないかもしれませんが、特に水にこだわりがなく、とにかく安全面を重視している人であれば、無理に天然水を選ぶ必要もないでしょう。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です